ブログ

運転者を選任したら乗務員台帳を作成しましょう

運転者を選任したら乗務員台帳に記載しないとなりません。

乗務員台帳には以下の事項を記載します。

  1. 作成番号及び作成年月日
  2. 事業者の氏名又は名称
  3. 運転者の氏名、生年月日及び住所
  4. 雇入れの年月日及び運転者に選任された年月日
  5. 道路交通法に規定する運転免許に関する次の事項
    運転免許証の番号及び有効期限
    運転免許の年月日及び種類
    運転免許に条件が付されている場合は、当該条件
  6. 運転者の運転の経歴
  7. 事故を引き起こした場合又は道路交通法第108条の34の規定による通知を受けた場合は、その概要
  8. 運転者の健康状態
  9. 初任運転者に対して行う指導の実施及び適性診断の受診の状況
  10. 乗務員台帳の作成前6月以内に撮影した単独、上三分身、無帽、正面、無背景の写真

運転者が退職などして運転者でなくなった場合は、運転者でなくなった年月日と理由を記載し、3年間保存することになってます。

関連記事

  1. 運行管理補助者のできること
  2. 【法令改正】整備管理者の研修通知について
  3. 運行管理者や整備管理者の補助者の選任について
  4. 更新申請書で車両代替時にドラレコを付け替えた場合
  5. 車庫の契約書が2年毎の更新なんですけど?
  6. 新しい運転者を雇い入れるとき何をしなきゃいけない?
  7. 増車届に添付する点検整備記録について
  8. 【法改正】刃物の持ち込み禁止

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP