ブログ

運行管理補助者のできること

今日、お客様に質問されたので、ここで情報を共有しておこうと思います。

◆ 運行管理補助者のできることについて

運行管理補助者について通達では、「補助者は、運行管理者の履行補助を行う者であって、代理業務を行える者ではない。」と書かれています。
補助者が、運行管理者の仕事をすべて代理できる訳ではないんですね。
「履行補助」ですので、運行管理者が運行管理業務を行うときに手足となって動くというニュアンスでしょうか。

ここで「但し書き」があります。

「24条の点呼に関する業務については、その一部を補助者が行うことができるものとする。」とあります。
点呼だけはその一部を補助者単独で行うことができるということです。
選任されている資格者が、全回数の3分の1以上をする必要がありますが、3分の2以内であれば補助者でも良いということになっています。

ただし運転者が、

  1. 酒気を帯びている
  2. 疾病、疲労その他の理由により安全な運転をすることができない
  3. 無免許運転
  4. 最高速度違反行為

などに該当する恐れがあることが確認された場合は、直ちに運行管理者に報告を行い、運行の可否の決定等について指示を仰ぎ、その結果に基づいて運転者に対し指示を行わなければなりません。

上記1〜4に当てはまるときは、補助者が勝手に判断してはいけないのです。
運行管理者に連絡を取って、運行管理者が判断を下さなければなりません。

これらの分担については、時々社内で確認することをお勧めします。

 

関連記事

  1. 更新申請書で車両代替時にドラレコを付け替えた場合
  2. 【法改正】刃物の持ち込み禁止
  3. 車庫の位置関係について
  4. 新しい運転者を雇い入れるとき何をしなきゃいけない?
  5. 増車届に添付する点検整備記録について
  6. 【法令改正】整備管理者の研修通知について
  7. 営業所について
  8. 複数の事業の運行管理者の兼任は可能か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP